エッダの館(出来事&更新情報)

開拓予定地に敵影アリ

開拓者のビッグさんは大量のアリを倒すのにハウンドを雇いました。請け負ったからには仕事をして下さい。なお、方法は選ぶ必要はないそうです。指示はただひとつ。見蟻必殺。

春よ、オーディアよ

「雪に包まれるローレックの街を見てると、春のありがたみをビシビシ感じるよな‥‥
 なに? ビシビシじゃなくて、ひしひしだって? おいおい俺をザコどもと一緒にするなよ。
 情緒だってガンガンに感じ取るのがマクール様だ。
 そのうえで、それを吹き飛ばすように、祭りをバッキバキに行う! それがハウンドってやつよ!」

公証人コーは語る(あらすじ紹介)

←タップで「ここまでのあらすじ」ページへ
 新人ハウンドさんですか? 大丈夫、図書館長で公証人で語り部でシフールのコーが、ハウンドギルドの歩みを教えてあげますよー。

荒くれサンタのお通りだ‥‥!?

 竜犬、第2回リアルタイムイベント「祝え拡げよXmas」開催!
 リアイベとは、大きな流れの物語をキャラの参加によって紡いでいこうという企画です。結果が世界、ストーリー構築に深く影響しますので、ぜひご参加いただきDH世界の未来を創り出して下さい。
 リアイベは、連動シナリオ・特設掲示板・グランドシナリオ等によって構成されます。
【HH02】オープニングコミック

ドワーフ、ハウンドギルドに加入開始

 ハウンドの死闘の果てに、ついにダークドワーフのディスミゼルがなされた。ハウンドギルド初の快挙である。
 ディスミゼル、すなわち邪神の呪いの全解呪である。ダークサイドに堕ちていたドワーフらも、その全員が、通常のドワーフとなったのだ。
 この偉業は、頑固なドワーフらの、ハウンドに対する見方を一変させた。伝統を重んじる彼らは、新参者のハウンドを信用していない者が多かったが、これがきっかけとなり、ハウンドに協力的な者が急増した。
 それだけではない。中には強い恩義を感じ、その力をギルドにために捧げたい、すなわちハウンドに志願する者も現れ始めたのだ。ギルドマスターのマクールは、これを快く受け入れ、ギルドのさらなる戦力増強を図るのだった。