【HH02】Dメロウの誘惑

担当成瀬丈二
出発2020/01/09
種類ショート 冒険(討伐)
結果成功
MVPハヤト・アステール(da0375)
準MVPショウ・ジョーカー(da0595)
パライソ・レヴナント(da1777)

オープニング

◆レンの漁村
 グレコニア南部、レンの海に面した漁村にハウンドたちは来た。
 その漁村の村長は非常に大雑把な人物だ。
「別に布教に反対はせんが、うまい酒をくれればわしも便宜を図ってやる」
 などと、のたまっていた。
 そこで、ハウンドギルド支給の酒等を持ってやってきたハウンド。

登場キャラ

リプレイ

◆01
 月光と星明りが一同を照らしていた。
 ジェームズを後ろから羽交い絞めにしたスチュアートとジェファーの兄妹の本性、ダークメロウを見た、ハヤト・アステールは戦技魔法オフシフトを成就するや否や、
「ダークメロウ‥‥だと‥‥!? 俺好みの美人ちゃんだと思ったのによ!? ──オラァ!三枚におろされたくなかったら大人しくしやがれ!!」
 言いながら踏み込もうとするが、如何にも足場は悪い。
(ち、向こうのペースで戦えば‥‥拙いってコトか。だが、向こうは逃げればそれで終わり、分の悪いバクチだな‥‥しかし、このハヤト、受けた勝負は大体逃げないからな!)

「水中活動は水着の効果頼みですが、出来そうな事はやってみますね」
「じゃあ、後の事考えとくかな? ギルドに解呪の手配頼みたいとこだけど、アニマル扱いなのが不安要素だよね」
 軽く肩をすくめたい心境の、ベドウィール・ブランウェンは、ミタマギリを幼馴染である、リザ・アレクサンデルの手にした水の剣──ブレードofローレライに付与する、
「可能なら気絶で捕縛してギルドに解呪手配お願いしたいけど。解呪して‥‥その後は?」
 ダークメロウは、確かにコモン語を発して意思疎通可能な種だ。しかし、ギルドなどの分類ではアニマル扱いらしいのが不安要素だ。
「‥‥その後は、リザがローレライを使う方が行動精度的に確実かなと」
 あえてべドウィールは、リザの危惧を流す。多分どうしようもないことだ。
「解呪‥‥は俺じゃできないけど、捕まえて何とかできないかなあ」
 不安げな、ショウ・ジョーカーの胸中が漏れる。
(アニマルでもエルフィンでもヒューマンでも殺人犯は殺人犯、俺だって向けられる敵意には相応の暴力で返す。でも動機が霊修なら同情しちゃうよ)
「単にコモンを恨んでるだけかもしれないけど。知るためにも捕まえたい」
 ショウは言いながら弓を構える。波打ち際のランタンが倒れないことを願いながらも。
「僕も同じだねぇ。それにしても、弓で狙えるかなぁ‥‥難しいかなぁ」
 言いながら、ミドルボウを構える、パライソ・レヴナントだ。
「後ろから弓で狙えるかなぁ‥‥海から顔を出しているタイミングを狙ってみるよ」
「うん」
 うなずくショウ。パライソは呼吸を合わせる。
(ジェームズ君が助けられたら、診察しておかないとなぁ。今の手持ちの道具だと、応急手当くらいにはなるけど、一事が万事、大切だしねぇ。ダークメロウは解呪が難しそうなら倒してしまうのも手なんだけど‥‥どうなるかなぁ)
 パライソにとっては、メロウに対しては、不老不死の薬等には特に興味もわかない上、コモン語が理解できて話の通じる相手を狩るつもりはない──のだが、ダークサイドならばどう考えるべきか、それはパライソ自身にとっても不分明だ。

◆02
「今だ!」
 割って入る、ヴェスパー・ベントの声。パライソとショウ『だけ』に向けられたものではない、沖の方にいる相棒──イルカに向けて発したものだ。イルカだけなら心が伝わるので、声に出す必要はないが、パライソとショウにも合図をする関係上、声に出したのだ。
 上からジェームスを押さえつけているジェファーにパライソとショウの矢が刺さる。
「当たれ!」
 同時にリザの水の剣がヴェールのような軌跡を描きながら、スチュアートを襲う。
 水中でも問題なくブレードofローレライの斬撃が切りつけ、血がしぶく。
 そのころ、べドウィールはマッチョ海神の幻影をまとい、水中に突撃していった。
 ミタマギリを付与するよりも、ジェームスの身柄の方が心配になったのである。
 冬の海の中、水着の特殊能力で進むべドウィール。
 ──一方!
「ダークメロウなど、ダークエルフの釣り師の敵ではないのですよ」
 色黒なエルフもとい──ダークエルフの、アンカ・ダエジフが自身にウォーターワールドの魔法を付与する。
「ダークメロウ、若者を誑かして海に引きずり込み、犠牲者のタマ‥‥おっといけない、これ以上はハウンドの掟、勇者たれに反しますので、とても言えませんね、非常に残念です──つまりはお尻をアッー!!と狙うダークサイドですから。あ、言っちゃいました」
 波に身を委ね、アンカは深みへと進んでいこうとする。その頭に的中する人型のカゲ! 半魚人を思わせるそのガーゴイル『フィッシュヘッド』は、エリアル・ウィンフィールドのものだ。
 エリアルは空中で、ディレクトガガを成就させ、フィッシュヘッドを具現化し、投下したのだが、狙いがずれてしまう。
 もう一メートル高くから落としていたなら、アンカの頭が熟したトマトになっているところだった。
「すまんどす」
「この貸しはいずれ精神的に」
 エリアルの謝罪を受け入れジェームスの回収に向かうアンカ。フィッシュヘッドも目的は同じなので並走──せず、フィッシュヘッドが先行する。というより、アンカは大釣果を目指し間合いをつめる。まず、射程内に敵を収めることが大事だ。
 勢いをつけたフィッシュヘッド、そのままスチュアートに体当たり、同時にべドウィールがジェームスの身柄を確保する。
「殺ス」
 スチュアートは残忍な笑みを浮かべる。

◆03
「させませんよ」
 離脱し、岸の方に進むべドウィール。そのフォローに入るハヤト。後方のフォローにはヴェスバーが入る。
「まかせろ! 来いバトろうぜ!?」
 そのまま、短剣を構えて勢いよくぶつかるスチュアート。水中の不利はフォローしきれず、ハヤトと言えど、スチュアートのチャージングはかわし切れない。
 思わず、血反吐を吐くハヤト。胃の内壁が裂けたようだ。
(チクショウあの勢いでこんなの喰らったら‥‥)
 まるで、ダークサイドの悪意そのものをぶつけられたようだ。ハヤトはそう思ってしまう。
 そこに飛んでくるリザのブレードofローレライ二発目、べドウィールの付与したミタマギリの魔法により、魔力を削り倒され、スチュアートは濃い顔をのけぞらせて気絶する。
「こ‥‥来いバト──」
 立ち泳ぎしながら岸に戻ろうとするハヤト。
 パライソとショウが駆け寄ってくる。
「うーん、ヴィンドスヴァルでは皆を巻き込みますか‥‥。そもそも、水の中に届くんですかね‥‥?」
 残念そうなアンカ。
 ジェファーを三発目のブレードofローレライが追撃。魔力を削り、意識を失わせた。
 こうしてジェームスは救われる。ハヤトも手厚い物質的、魔法的な看護により軽傷で済んだ。

◆04
 しかし、いきなりダークサイドを解呪したいと言っても、異邦でそれだけの高位の魔法を使える者のなアテはなく(そういったアテこそが、ハウンドだ)、村人も今まで自分たちを襲ったダークサイドに関する処刑を要求した。
 あくまで慣習の範疇で、村長が出した結果である。
 ダークサイドを捕まえた立役者とはいえ、異邦人であるハウンドたちにそれを覆す権限はなかった。
「まあ、そういうことか」
 メロウ食いを、理解できないと言っているパライソにも、ダークサイドとしてやったことならと、妥協せざるを得ない。ただし、受動的に、だ。
「やっぱり、動物なんだね──メロウって」
 リザの言葉に、べドウィールは首を横に振る。
「──‥‥分かっていても納得出来ないこともあります」
「せやな、偶発的だったさかい、うちらが一貫した方針を出せへんかったさかい」
 エリアルが目元を押さえる。
「この呪いくらい、自分でどうにかできる位、強ければ」
 ショウは唇の端をかみしめた。
「‥‥強かったなぁ、あいつ」
 ハヤトは遠い目をして呟く。
「‥‥残念」
 ヴェスパーは無口。
 アンカ曰く。
「逃がさなかった魚は大きいのです」
 彼女が言いたいのはXmasのことだろう。
 と言い置いたのち──。
「でも、小さい魚も釣りたいので、ちょっと釣りに行ってきますか‥‥」
 やはりアンカだった。
 このXmasが人々の心に救いをもたらせることを。そして、自分がもっと強くなれることを信じて。
 だから、ハウンドの戦いは──つづく。



 10

参加者

a.やれるだけやってやんぜ!!
ハヤト・アステール(da0375)
♂ 19歳 カ
b.解呪……は俺じゃできないけど、捕まえて何とかできないかなあ。
ショウ・ジョーカー(da0595)
♂ 16歳 人
c.ギルドに解呪の手配頼みたいとこだけど、アニマル扱いなのが不安要素だよね
リザ・アレクサンデル(da0911)
♂ 19歳 人
a.水中活動は水着の効果頼みですが、出来そうな事はやってみますね。
ベドウィール・ブランウェン(da1124)
♂ 22歳 人
c.よろしくお願いします。
エリアル・ウィンフィールド(da1357)
♀ 48歳 ダ
b.よろしくお願いします。
ヴェスパー・ベント(da1605)
♂ 32歳 カ
b.ダークメロウなど、ダークエルフの釣り師の敵ではないのですよ
アンカ・ダエジフ(da1743)
♀ 24歳 ダ
b.僕はこっちだねぇ。弓で狙えるかなぁ…難しいかなぁ。
パライソ・レヴナント(da1777)
♂ 49歳 カ


レンの海に燃える憎悪

ハウンドたちが酒と引き換えに伝道したグレコニアの漁村。そこでは二週間に三名の死者が出て? 裏でダークサイドが画策‥‥か?