図書館リアイベ

SE03愛の果実を得る為に

 第3回サブエピソード 神聖暦920年1月
 愛の果実を得る為に
20/3/12

「愛とは、芸術にとって、いや人生にとって、追究すべき最大のテーマと言えよう。
 優れた菓子職人が、それを愛と感ずるならば‥‥応えねばなるまいな。
 この難題、頼むぞ、ハウンドよ」
20/1/24

愛の果実、カカオ

 その依頼を、正式にハウンドギルドに持ち込んだのは、ブライアン・カラブローネ(dz0011)その人であるが、ブライアンいわく、ソレを本当に求めている者は別にいるという。
「ウラートのドゥルキス氏。名前くらいは聞いたことあるかな? そんな彼と話す機会があってな」
 高名な錬金菓子職人ドゥルキスが手にしていたのは、黒く乾燥した、見慣れない果実だったそうで。それはカカオという名であり、噂ではサンドラの奥地に実るというが、詳細な産地も、その活用法も不明だという。そして非常に希少なものだ。
 新たな菓子素材を求めていたドゥルキスは、偶然これを手に入れたが、一目で強い可能性を感じたそうで。
「愛を感じる、のだそうじゃ。いやはや、そう言われてはの‥‥」
 強い興味を覚えたブライアンは、ダメ元でローレック王に相談。すると意外にも、これの探索にアッサリ予算が下りた。ハウンドに頼めるだけの予算が。
「みな、愛という言葉に弱いのかのう‥‥この難題、頼むぞ、ハウンドよ」

[そしてショコラへ](2月10日追加)
 ウーディアの貴族から、西サンドラのトレジャーハンターから、ニュートパの貿易商から――
 そしてもちろん、ハウンドら自身の冒険の成果から――
 十分な量確保や、安定的な供給ルート確保とまでは言えないまでも、なんとか、愛の日を祝う程度のカカオゲットに成功した。
 そしてドゥルキスが作り上げたのは――ショコラと名付けられた、漆黒の、クールでオトナなお菓子。
「これが‥‥愛を伝える菓子じゃ」
 ブライアンはしみじみと言った。
 この冬の愛の日は、そして雪祭りは、いっそう胸が暖かくなる。そんな予感が、ギルドに流れるのだった。

・イベントスケジュール
 関連シナリオ(1月27~31日、2月14日、他)
 チャットイベント(1月31日~2月2日)
 愛の日920特別プレゼント企画(2月10~20日)
20/2/10

愛の日920特別プレゼント企画

 2月10~20日の間、相互フォロー者またはNPCへカードを1枚送ることができます。
 詳細は「酒場>プレゼント」をご覧ください(プレゼント用ページは期間中にのみ出現します)。
 合わせてプレゼントに最適なアイテムが登場しました。武器屋や「愛の日ガチャ20」で入手可能です。
20/2/10

関連シナリオ

【SE02】大コウモリを狩れ 担当:成瀬丈二
【SE02】闇巣くいし墓所 担当:成瀬丈二
【SE02】ダメ騎士を脅かせ 担当:ゆうきつかさ
【SE02】Preparation! 担当:一過
【SE02】ハロウィン919! 担当:北野旅人

20/3/12


3rdカテゴリー

カテゴリー概要

カカオ捜索大探検チャットイベント「カカオ捜索大探検」について(1月31~2月2‥