図書館リアイベ

これまでのあらすじ

リアルタイムイベント(ストーリー本流)のまとめ
20/3/11

公証人シフールは語る

 どうもー、語り部シフールのコーでーす。
 ここでは、ハウンドギルドの大きな歩みを、ざっくりと語ってお聞かせしますよー。
 あ、看板(バナー画像)をさわると絵物語(コミック)に、赤い文字をこすると、詳しく記録された書棚(リアイベ特設ページ)に案内されまーす。魔法の力で案内してるんですよ。
20/3/11

ハウンドの伝説、ここから始まる‥‥?


HH01収穫せよディスミゼル】919年8月
 ハウンドが真に達成すべきは、ダークサイドの完全なる解呪、すなわちディスミゼルです。
 ギルドは、9月の収穫祭に合わせ、いまだ未達成のディスミゼル、その初達成を目標に掲げました。
 ターゲットとなったのは、同じコモンであるドワーフのダークサイド、ダークドワーフ。そして昨今、巷を騒がせていたダークゴブリン(と、ダークホブゴブリン)でした。
 オーディア各地で、収穫祭を守り、時には楽しみながら、ハウンドたちはダークサイドの情報を集めていきます。中には、激しい大襲来もあったり、そしてなにより、ダークホブゴブリンのボスに挑まれた、ブラビー(ブラック・ラグビー)が脅威でした‥‥
 黒い特殊な結界内で行われる、命懸けのラグビー。ハウンドはなんとかこれに対処します。気になる人は戦況報告を見てくださいね、もうワンチームで一生に一度の戦いってカンジだったんですから。なぜかコーもいますよ?
 そして、それぞれのダークサイドの大ボスと戦い、ハウンドギルドは晴れて、3種族のディスミゼルを達成しました。そしてその結果、ドワーフの皆さんが、ギルドに積極的に参加してくれるようになったんですよね。
20/3/11

ハウンドがサンタに!? その重要なワケ


HH02祝え拡げよXmas】919年12月
 Xmas。女神さまの降臨を祝って、年末から新年までを、楽しく、おごそかに過ごす大事なイベントです。
 それを利用(?)して、もっともっと大々的に、女神教を普及させよ、という依頼が、ローレック王より下されました。
 なぜかというと、オーディア島の北方で、ローレック騎士団がデュルガーのブラック・ミストに苦しめられ、それを晴らすためには信仰心がどうこう‥‥ということなんですが、そこはハウンドが直接関わったのではないので、割愛でーす。
 で、ハウンドはミドルヘイムのあっちこっちへ飛び、女神教の伝道者として、ないしはサンタとして、善行を施したり、困りごとを解決したり、そのついでにダークサイドの研究を進めたり‥‥
 もちろん自分たちも、Xmasを楽しんだり。ツリーに皆さんの顔を飾ったりもしたんですよ。見ます? あ、コレも遊びじゃなくて、ちゃあんと依頼の一環だったんですからね。もちろんコーもいますよ?
 そして、信仰心向上の最後のダメ押しに、新年祭をドッドーンと取り仕切ったり。かと思えば、ありえないサイズのダークジャイアントトード(ダークギガントトード、略してダギトだそうです)が暴れ出して、それを退治しに行ったり。これで、ダークジャイアントトードもディスミゼルできて、そのあとスタッフが美味しく頂いたそうですよ。
20/3/11


3rdカテゴリー

カテゴリー概要