【マーク】
マークとは、勘よく対象を眺めている匠技。 後で「そういえば」と思った際に、関連のある「眺め」を、偶然に行っていたものとしてマスタリングされる。 程度や範囲はスキルランクによって変化。 専門=本の関連ページ、引出しの中身など 達人=部屋全体、特定人物の全特徴など 超越=シナリオ全行程

【超記憶】
書物や1000文字を超える文字列の暗記を行う匠技。 また、(他の)スキルを修得している事柄については、専門知識として継続して覚えていることにしてよい。但し、覚えられる内容の程度は、このスキルと、関連スキルの低い側のランクに準拠する(例:記憶術(専)、科学(達)の場合は、専門的領域迄の学術書を暗記できている)。