フラワー・ボンネット

担当八島礼
タイプショート 日常
舞台Celticflute
難度易しい
SLvS(空港程度)
オプ
出発2018/04/07
結果成功
MDPアデライン・エルムズ(pa1094)

オープニング

◆イースター
 ──イースターボンネット?

 日本出身の学生が聞き返す。

 それは日本ではキリスト教徒以外には馴染みの薄いイースターのイベントの一つで、花を帽子に飾り付けて被るものだ。

登場キャラ

リプレイ

◆菫の娘
 花鼓紫が手にした菫色の中折れ帽には、色取り取りの花が咲いている。

 縫うのも飾るのも得意だからと申し出た帽子作りの手伝い。
 グリフィズのデザインに添い、紫が花を盛りつけたそれは今、学生達の頭を華やかに飾っている。

 日本ではなじみのないイースター。
 胸をときめかせるのは晴れの舞台では無く、裏方のひととき。

 男の分もと帽子を渡すと、男からもまた衣装一式贈り返される。

『先生の瞳の色ですね』
『お前の名前だろう? こうしてみると揃いのようだな』

 ボウタイをリボン結びにした薄紅色のワンピースは、裾で刺繍された菫の花が軽やかに舞う。
 クロッシェ型の帽子にもまた菫。

 『俺の代わりにコイツを連れて行ってくれ』

 黒衣の男から託された帽子を、紫は大切に胸に抱えた。

◆薔薇の娘
 襟ぐり広いウエストベルトの白いワンピースドレスが褐色の肌に光を纏わせる。
 フロウティア・モリスンは避暑地の令嬢のように、アルヌワブランという名の緑薔薇で飾られたキャペリンの鍔を摘まんだ。

 グリフィズの見立てはいつもフロウティアの心を浮き立たせるけれど。
 彼は制服を脱ぐことも隣を歩むこともない。

『憧れ、か‥‥』

 彼の帽子に挿したのは紫のフリージア。

『甘い香りで蝶を惹きつけるからブッドレアは蝶の木とも呼ばれている。花言葉はあなたを慕う‥‥それから私を忘れないで。蝶の木に群がる数いる蝶の中の一匹が、切に願う想いだ』

 何も無いなんて言わせない。
 何かを彼の中に残したい。
 そんな彼女の気持ちに彼は気づいている。

 彼の帽子に咲く花々に紛れて託した一輪の想いの意味を。

◆花と蝶
 花盛りのシルクハットを被った氷見侘助の横を、白と黄、二匹の蝶が飛び交うように李蕾氷見彩玻が軽やかなステップを踏んでいる。

 最初、侘助に花で埋め尽くされた帽子を贈ったのは李蕾。

 白いシルクハットにはクラウンにもプリムにも彼女の名でもあるスモモの花と実。
 淡い色に混じえた緑の葉はアクセント。
 ジーンズに合わせた綿の白いロールアップシャツは、カジュアルな中にも品良く侘助の自然体な明るさと爽やかさを引き立ててていた。

 そして氷見家の姉と弟。

『李蕾に聞いたらシルクハットに花を色々盛る気みたいなんだよね。さりげなく似たようなモチーフとか色とか、並んだときに良さげなのないかな? ほら、弟を好きだって聞いてしまうと気を利かしたくなるじゃない?』

『グリフィズ先生、姉さんの帽子と衣装を選んでください! 変なの選んだらコブラツイストやキャラメルクラッチお見舞いされるから! イケてる顔面の先生が選んだなら姉さんも文句は言わないと思うんだよね』

 彩玻が李蕾のために揃えたのは、白地に淡いピンクと黄緑が混じったスカートに白いボレロ。
 そして白いベルジェール・ハットには李の花とモンシロチョウ。
 花の周りを軽やかに飛ぶ蝶は、歌と踊りの得意な彼女そのもの。

 侘助が彩玻のために作って貰ったのは、クリーム色のパンツとフェミニンなイエローのショートジャケット。
 そして橙色のトーク帽には黄色のクロッカスの花とモンキチョウ。
 俺好みのクールな中にも女らしい女であれと講師の魔法の言葉も添えて。

 花と花を揃え、蝶と蝶を揃え。
 李蕾は二人の手を取ると行進の列へと誘う。

「三人で一緒に行進しましょう? さぁ、夢が咲き乱れる一時を。春の訪れを。今は遥かなる風に乗せて、歌い、踊りましょう」

 李蕾は行進の曲に合わせて口ずさみ、踊るようにステップを踏む。

「衣装選んでくれたんだよな。ありがとうな。どーお? 今日の僕、ちょっとは格好良く見えるか?」

 嬉しそうに尋ねる侘助に李蕾が綻ぶ花のように微笑みで応える。

 寄り添う二人は正に花と蝶。
 姉には見せたことのない弟の顔を、彩玻はAiフォンのカメラに収めた。

◆百合の娘とダイスキャラメルの男
「はっぴーいーすたー! お、それ、グリ先生の帽子ですな? 盛り盛りしちゃおう!」
 比良賀ソラは紫の帽子を赤・白・黄色とカラフルなガーベラで飾り付ける。

 グリフィズに頼んだランタンスリーブのオレンジのワンピースの袖には白黒ストライプのリボン。
 カノティエに盛られた透かし百合は黄と橙と朱で、袖と同じリボンが巻かれている。
 ちょいと摘まむ眼鏡には──。

「お、それPCかカメラ?」
「そう! 来年の宣伝用に動画と画像UPしたり商店街の人にデータ渡すつもり」

 アシュレイ・ローウェルがドローンを仰ぎ見ると、後ろから聞こえる高笑い。

 振り返れば薄紫のフロックコートにココアパウダー色のシャツを着たジャック
 紫のアネモネを飾るシルクハットと首には、白いレースのリボンが結ばれている。

 ジャックがアシュレイに見立てた衣装はカバレロというスペインのセビーリャの春祭りで男性が着るノーカラーのジャケットに白いシャツに黒いパンツ。
 だがコルドベスハットを取り巻く花には赤いカーネーションと共に赤と白のダイスだ。

「先生、何か頭からカサカサ音がするんだけど」
「中にキャラメルが入っているからな!」
「それは! どーなんです食品のダイスキャラメル!」

 日本人のソラは、ダイスに描かれたメーカーのロゴマークを見逃さなかった。
 ジャックの衣装もまたル・モンドという日本の銘菓のイメージらしい。

「まさか向こうの二人も‥‥」

 アシュレイは向こうで子供を菓子で手懐けている同級生へと視線をやった。

◆チュッパキャンディの男とトゥインクルチョコの男
「そこの貴様、幼女を菓子で釣るとはさてはロリコンだな!?」
「違う! 違うって! 具合悪そうなヤツを看てただけ。コイツと一緒にすんな」

 ジャックに指摘されたルシアン・グリフレットが赤髪の二期生を指差すが、シャール・クロノワールも否定する、

「俺だって泣いてるちっちゃい子をあやしてるだけじゃないか。あ、ほら、泣かないで。お菓子だよー」

 二人も衣装はジャックの見立て。

 青い銃士衣装のシャールのマスケットハットには、カトレアの花に紛れて丸い粒がたくさん。
 カラフルな包装紙に包まれた丸いスティックは、スペイン発祥の棒付き飴・チュッパキャンディ。

 そして黒衣ジャケットに赤黒チェックのスコットランド民族衣装を纏うルシアンのキルト帽には、、ファンシーなキャラクターと星の絵柄の小さな卵型のチョコ。
 日本の菓子メーカーが出してるトゥインクルチョコだ。

「確かに卵だけどさ! 女装じゃないけどさ! まさかチョコ使うとは思わなかったって言うか」
「確かに子供受けは狙ったけどね? でもルシアンは器用だよね。あ、部活の方は考えとくよ、覚えてたらね」

 案出しはジャックだが実際に縫ったのはルシアン。
 シャールを勧誘中という彼の部活は山岳部だが、顧問からして裁縫が得意。
 山岳部は手芸技能必須とシャールが誤解するのも無理はない。

「お、あっちも菓子繋がりなのか? ちょっとみんなで記念に撮って貰おうぜ!」

 ルシアンはシャールの手を引っ張り、カメラマンと化しているソラの元へと走り出した。

◆リボンの姫とリボンの騎士
「キミは向こうに加わらなくてもいいのかい?」
「秀玲とはコンセプトが違います! こっちはお菓子じゃ無くてリボンです!」

 胸を張って答える林秀玲の大きな帽子にはトリコロールの幅広リボン。
 リボンの結び目には大きなイミテーションジュエルがあり、生のマーガレットが添えられている。
 白いタイツの上に着るチュニックに斜めがけする襷のリボンもトリコロールだ。

「足下に気を付けて。さあ、お手をどうぞ‥‥!」

 秀玲が張り切って手を差した姫君はユウキ・ヴァルトラウテだった。
 頬の傷は化粧で隠し、長い髪は白いセーラーハットの中。
 白いAラインのドレスの胸元と腰の後ろ、帽子にはトリコロールの大きなリボン。
 そして帽子には秀玲と揃いのマーガレットが盛りつけられている。

「よく似合ってますよ、お兄ちゃん‥‥って、今日はお姉ちゃんですねっ!」
「たまには逆もいいか‥‥。エスコート、よろしくお願いしますね」

 ユウキは口調を改め、秀玲の手に己の手を乗せパレードを練り歩く。
 だけど終わり近づけばふと立ち止まり、ユウキは秀玲の帽子を取って彼女の髪を解いた。
 隠し持っていた花を一輪、彼女の髪に挿す。

 ジンジャーリリー。
 彼女の名、気高き百合の花を。

「騎士らしいキミも格好いいけど、女性らしいキミも素敵だと思うよ」
「え、あ、ありがとう‥! 似合いますかね‥?」

 姫のように扱われ秀玲の頬に仄かな色が差す。

 男は男、女は女。
 解けたリボンを結び直すとき、新たな絆もきっと結ばれている。

◆金と銀の兎と鍵
 リラ・ミルンの小さなサテンのシルクハットにはパンジーとライラック、そして兎の耳。
 ピンク色のタキシードの下はハーフパンツ。
 トゥの丸いシューズは膝までの編み上げリボンストラップ。

 不思議の国の兎の姉妹。
 グリフィズに相談して用意した衣装は、エリーゼ・クレーデルと揃いだった。

「エリもとっても可愛いです」

 エリーゼの帽子とジャケットはリラと同じ。
 だけど下はフリルがたくさん付いたミニ丈のスカートに白いニーソックス。
 トゥの丸いシューズは甲の部分でストラップリボンが結ばれている。

 金と銀。
 マスキュリンとフェミニン。
 サイドで結んで垂らした髪も左右が逆で。
 そんな少し違うところも嬉しくて。

「もう少ししたらエリの誕生日ですね。こんなもので悪いのですが‥‥はい、ハッピーバースデー!」

 露天で買ったペンダントには金のハートに銀の鍵。
 チャームはエリーゼの首元で寄り添うように揺れた。

◆少女と執事の兎と卵
「お手をどうぞ、お嬢さん」

 恭しく手を差し出したのは無く騎士ではなく執事。
 メレディス・メイナードのシルバーグレーのシルクハットには、青紫のスイートピーとブルーレースフラワー、そして兎の耳と卵。

 水色のエプロンドレスを着込んだアデライン・エルムズの帽子にも同じ兎の耳と卵。
 そしてボーダーハットに盛り込んだピンクのアルメリアが軽やかなオーガンジーのリボンと共に可憐さを醸している。

「重くないですか? アデルさんらしく可愛らしく飾りたかったのですが、重くなると肩が凝るでしょうし」
「ううん、平気。それよりメレディスすっっごく似合ってるーかっこいい!! お揃いにしてよかったー!」

 交換して盛った帽子を見上げてアデラインは満足し、メレディスは負担になっていないことを知りホッと息を吐く。

「ねえ、グリフィズ先生の帽子だって。私達も盛りつけにいこー!」
「狼耳代わりにアイリスの葉なんていいんじゃないでしょうかね? あ、はぐれないように気を付けて」

 人の波が二人を裂こうとするけれど、繋ぎあった手はしっかり結ばれ、二人を目指す場所へと導く。

 二人一緒ならどんな悪戯も恐くない。
 二人一緒に同じ方向へ向かっていく。

 青いスイートピーの花言葉はほのかな喜び。
 ブルーレースフラワーは優雅な振る舞い。

 ピンクのアルメリアの花言葉は思いやり。
 ビオラの花言葉は信頼。

 少女と執事の関係は今は未知数、まだ卵。
 大切に大切にこの卵を二人で温めていったなら、一体どんな花が開くのだろう。

◆赤と黒とナデシコの口吻
「スイホ様、お手をどうぞ。今日はたくさん楽しみましょうね」

 少女めいた面差しのシャロン・ミシェーレが恭しくを差し出すのは、元軍人らしい凜とした集推スイホ

 禁欲的な黒いカソックを纏うシャロンの頭の小さなシルクハット。
 そしてボレロ付きの赤いツーピースドレスを着たスイホのポーラーハット。
 共に飾られるのは純愛という花言葉を持つナデシコ。

 手を取り口付ければ、魔法のように彼女の頬が染まる。

「こんなイベント、初めてです。だって軍隊での行進しか経験ありませんでしたから。それにシャロンさんとこんな風に歩けるなんて‥‥恋人として参加出来るのはシャロンさんのおかげです」

 繋ぎ合った手にぬくもりを感じながら見る彼の横顔。
 視線に気づけば優しく彼女に微笑み返す。

 堅苦しい軍服でも、皆と同じ制服でもなくて。
 彼の為だけに着るドレスは彼女を自然と女らしく美しく引き立てる。

「今日のスイホ様、とても華やかで綺麗ですよ。スイホ様の贈って下さった帽子もとても素敵で気に入りました。でも‥‥」

 途切れる言の葉、わずかな間に込める熱情。
 歩を止め真摯に見つめて紡ぐのは愛という花。

「スイホ様が隣にいる‥そのことがわたしの人生を華やかに彩ってくれます」

 スイホがシャロンの頬に白い手袋を嵌めた手を伸ばし、そっと口付ける。

「それは私をこんな風に一人の女性に変えてくれたシャロンさんのおかげです」
 
 ナデシコのもう一つの花言葉は大胆。
 スイホが口唇を離したとき、シャロンの頬もまたうっすらと花弁が綻ぶように色づいていた。

◆赤と黒とトランプの口吻
「パレード‥‥参加させられたけど‥‥やっぱり恥ずかしい‥から‥路地裏に‥‥」
「やっぱり大勢の中で仮装するのはディルクくんには辛いか。まぁ、少し休憩しましょうか。人酔いするしね」

 アウラ・メルクーリは恥ずかしがるディルク・ベルヴァルドの手を引き、二人して路地裏へと逃げ込む。

(アウラは‥やっぱり‥‥綺麗‥‥それなのに‥俺の‥か、か、彼女‥な訳で‥)

 フランスの貴族のような赤いプリンセスドレスはスカートがミニ丈にカットされ、スラリと伸びた白いタイツを履いた脚が眩しく見える。
 スカートの裾と五分丈の袖と頭に乗った赤いトリコーンハットにはたっぷりの黒いレースが使われている。
 帽子を彩るのはダークレッドの薔薇と散りばめられたトランプ。
 ジャックにコンセプトを決めて貰い、グリフィズにデザインして貰ったもの。
 それを最終的に仕立てたのは紫だ。

「あの‥アウラ‥‥その‥綺麗‥‥」
「ありがとう。ディルクくんも素敵だよ。よく似合ってる」

 ディルクもまた黒のジュストコールに赤く染めた羽根の付いた黒いバイコルヌを被っているが、なかなか堂々とした提督ぶり。
 そして帽子にはアウラとお揃いのダークレッドの薔薇とトランプ。

(今なら‥誰も‥‥見てない‥けど‥)

 このまま彼女に口付けたい欲望を抑えれば自然と目は泳ぐ。
 ディルクは何も出来ぬままでいたけれど、アウラの口唇が頬を掠める。

「歌ってもいいかな?」

 夢のような幻のようなのような感触が、黒衣のディルクをトランプのハートのように赤く染め上げた。

◆猫草の卵
 手を差し出し、繋ぎ歩く。
 上官と部下。
 一昔前には到底考えられなかったこと。
 こうして手を繋いで歩くのも、こうしてドレスを着るのも。

 集推スイヤの若草色のドレスはオーガンジーを被せて膨らみ、黄色のストラップシューズが愛らしい。
 斜めに被ったシルクハットには虎模様の猫耳が乗り、その周りを濃赤の花が飾っている。

「スイヤ、服も帽子もよく似合っていて可愛いぞ。それとねね子にも帽子をありがとう」

 スイヤが上官と呼ぶ崎森瀧は白いスーツにとシルクハット。
 兎の耳ごと取り囲むように濃赤の花とブローチが飾られ、瀧が片腕に抱く猫の頭にも小さな帽子があった。

「似合っていますか? 何だか恥ずかしいです。それより上官もよく似合って‥格好いいです‥す。何でオキナグサにしたか、分かりますか?」
「『猫草』だからだろう?」

 万が一猫が口にしてもいいように造花にした花。
 その意味さえも──

「オキナグサの花言葉、貴方は知りませんよね?」
「『何も求めない』。欲しいものがあったら素直に言っていいんだぞ?」

 オキナグサのもう一つの花言葉は『告げられぬ恋』。
 元上官が求めれば彼女は従うだろう。
 だけど自分から殻を破らなければ愛は生まれない。

「は、はい。では上官。記念に写真を撮っていただけませんか? ねね子も一緒に」
「いいぞ。兎と猫、後は帽子屋がいればこのまま茶会が出来そうだな‥‥って、ねね子が帽子屋か」

 殻は少しづつ割れてきている。
 瀧は卵が孵るのを楽しみに暖めることにした。

◆姫金魚草の卵
「人が多いな。どうぞ、この手で良ければ。エスコートしよう」

 リュヌ・アカツキが差し出す手に、サラ・ハサンの白いレースの手袋が重なる。

 麦わら帽子を被ったサラの前ボタンのシャツワンピースは太めのベルトで締められ、袖や裾は軽やかに膝下で踊る。
 帽子を巡るのは睡蓮とチューリップとサクラ、そして白く柔らかな羽毛。
 胸元ではリボンと小さな彩色されたイースターエッグの飾りが揺れている。

「ええ、よろしくお願いしますね。何だか気恥ずかしいけどこういうのも楽しいですね」

 サラは怪盗姿のように白髪に近い銀色へと髪を変え、白いシャツにタキシードジャケットを羽織ったリュヌの隣に並ぶ。
 セビジャーノ・ハットに盛られたのはラナンキュラスがメインで、リナリアの花がひっそりと添えられている。

 リナリア‥‥姫金魚草の花言葉は『この恋に気づいて』。
 淡い想いは幻のようで口に出せる程ではなくて花の中に隠した。

「宗教に関係なく良い祭りだな。空も花も人の陽気も春の祝いにはぴったりという訳だ」
「そうですね。男性の、特に異国の衣装のことはよく分かりませんが、衣装や帽子を選んで花で飾るのは楽しかったです」

「そう言えばグリフィズ先生と出発前に何を話していたんだ?」
「お礼を言っていました。この企画に声をかけてくださったの先生ですから。あの帽子、先生、びっくりなさるでしょうね」

 パレードの終わりの方でアデラインとメレディスが面白がってグリフィズの帽子に卵を取り付け、ユウキも女装を見られた腹いせに乙女チックなリボンを巻いている。
 アシュレイがルシアンとシャールと共に菓子を取り付けると一際帽子も賑やかに。

 春風のように微笑む彼女と並んで語るのも、緩く手を繋いで歩む速さも穏やかで、リュヌの心を安らがせる。
 模様を描いた卵を温める時間は仄かな喜びと幸いに満ちていた。



 15

参加者

b.良い賑わいだな。楽しみにしている。
リュヌ・アカツキ(pa0057)
♂ 25歳 忍魅
b.よろしくお願いします。
メレディス・メイナード(pa0098)
♂ 20歳 探魅
z.よろしくお願いします。
フロウティア・モリスン(pa0099)
♀ 20歳 忍知
c.……………………(路地裏退避)
ディルク・ベルヴァルド(pa0112)
♂ 22歳 乗知
b.(準備運動)
ルシアン・グリフレット(pa0124)
♂ 22歳 英探
b.すごく賑やかですね。エリ、楽しみましょう!
リラ・ミルン(pa0389)
♀ 19歳 弾魅
b.そうね……明るくて、春が来た、って感じで……何だか、いいわね。
エリーゼ・クレーデル(pa0404)
♀ 19歳 忍知
b.んんー(何か悩んでいる)
氷見侘助(pa0418)
♂ 22歳 弾知
c.楽しそうな催しですね。
シャロン・ミシェーレ(pa0888)
♂ 19歳 知魅
c.賑やかねぇ…
アウラ・メルクーリ(pa0908)
♀ 26歳 弾魅
z.よろしくお願いします。
花鼓紫(pa0975)
♀ 19歳 知魅
b.パレード・・・軍隊行進と違うのかな?(ずれている)
集推スイヤ(pa1090)
♀ 19歳 英弾
c.ふふ、すごく楽しみです・・・帽子、頑張りますね!
集推スイホ(pa1091)
♀ 20歳 英魅
b.たのしみ。わくわく。
氷見彩玻(pa1093)
♀ 23歳 刃探
b.メレディスと一緒にパレード参加ー♪ 楽しそー!
アデライン・エルムズ(pa1094)
♀ 19歳 弾忍
b.よろしくお願いします。
崎森瀧(pa1178)
♂ 24歳 英刃
b.楽しそうなイベントです!思いっきり着飾ってゴー!ですよ!
林秀玲(pa1187)
♀ 21歳 英魅
b.楽しそうなお祭りですね。
サラ・ハサン(pa1214)
♀ 19歳 乗魅
b.よろしくお願いします。
李蕾(pa1220)
♀ 22歳 探魅
a.よろしくお願いしますッスー
比良賀ソラ(pa1234)
♀ 20歳 忍知
b.それじゃ、エスコートをお願いしようかな。
ユウキ・ヴァルトラウテ(pa1243)
♂ 26歳 英弾
a.よろしくお願いします。
アシュレイ・ローウェル(pa1435)
♂ 26歳 英弾
b.賑やかになりそうだね、楽しみだなあ。
シャール・クロノワール(pa1528)
♂ 25歳 刃機