冴島鋭士のパーティ

 


三枝守全

 Moriakira Saigusa(kz00011) ♂ 29歳
  大和

設定

 元は、安房三枝藩藩主三枝守昌の嫡男。
 表向きは、江戸城の警備・将軍の警護を担う書院番に所属するも、実際は、鬼・来世人等の超法力的現象を調査する新組織「御庭番」の番頭であった。
 抜刀術の達人であり、代々伝承された宝刀「村雨丸」を携えていた。寛永15年の御前試合では決勝に残るものの、宮本武蔵との勝負に敗れる。
 左頬には縦に大きな傷跡がある。
 寛永17年の御前試合終了後、宮本武蔵に正体を暴かれる。なんと守全は、鬼将天草四郎であった。
 正体を暴露した四郎は逃走、その後、『本来の守全』は四郎に殺害されていたことが判明した。
 現在、四郎とギルドは一応の共闘関係にあり、四郎が人間に化ける際は、しばしば守全の姿で現れる。
 現在、御庭番は副番以下が務めている。

設定(STARS)


三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)

三枝守全(kz00011)