K次郎のパーティ

 


天草四郎時貞

 Shirotokisada Amakusa(kz00012) ♂ ?歳
  化身

設定

 幕府が確認した、初めての鬼将。
 寛永15年の「島原の乱」の陰の首謀者とされる。宮本武蔵に追撃されたが、逃げおおせ、その後は見事に姿をくらましていた。
 時おり、鬼軍団や鬼将の出現に合わせ、姿を見せることがあるが、他の鬼に協力することは滅多にないもよう。
 寛永17年の御前試合にて、武蔵の手により、三枝守全に化けていたことを暴かれる。鬼の身でありながら、将軍に近く、幕府の対化身部隊の長におり、来世人ギルドと密に情報をやりとりしていたということだ。
 この件は、四郎が「人間を喰わず、穏やかな性質の鬼の集落」の長になっていたことから、事態が大きく動いた(詳細は【SH14】誰そ彼)。その発言骨子をまとめると、以下のようになる。
・自分は鬼将でありながら、他の鬼のような凶暴性や「秀吉への忠誠心」を持たないと自覚、その後同じような性質の鬼達の存在を知り、その長となった
・その目的はひとまず、自分と『同胞』の生存
 四郎は来世人を圧倒する力があるが、ギルドに『同胞の鬼』を捕えられたため、一時停戦。来世人に対しては、諸条件を勘案しいまだ信用に至らぬ、という理由で、いまだ敵対関係にあるといえる。

設定(STARS)


天草四郎時貞(kz00012)

天草四郎時貞(kz00012)